表側の矯正

世界で最もメジャーな治療法

ごくごく一般に行われている治療法で、通常の成人矯正といえばこれになります。矯正装置の中でも最も長い歴史を持ち世界的にも最もメジャーな治療法です。装置を歯の表側につけて治しますが、最近は装置が改良され目立ちにくくなっています。
歯(永久歯)一つ一つに歯科専用の接着剤を使って装置をつけていきます。つけた装置に金属のワイヤーを通し、その力で歯を動かして並べるという方法になります。
従来は金属の目立つ装置でしたが、近年では透明や歯に似た白色の装置などが数多く開発され世界中に普及しています。さらに歯を動かすための金属のワイヤーも白いワイヤーが開発され、装置とワイヤーの両方が審美的に工夫され、パッと見ではほとんど目立たなくなりました。費用も「裏側矯正」や「マウスピース矯正」よりも安価のため人気の高い治療です。また同時に裏側にも装置を追加でき、補助的な装置も使いやすいため効率的で比較的歯のコントロールもしやすく、おすすめの治療です。