中学生・高校生の矯正治療

「成人矯正はいつから始めたらいいのですか?」

という質問をよくされます。

永久歯というのは個人差はありますが、おおよそ中学生くらいで生えそろいます。

つまりある程度成長が落ち着いていれば、中学生や高校生の時 から成人矯正を始めても全く問題ないということになります。

むしろ矯正治療は早く始めるに越したことはありません。 学生のうちから始めることには大きなメリットがあります。

中学生・高校生で治療を始める大きなメリットとは?

1、顎の骨が柔らかいため、歯の動きが速い

この時期はまさに成長のピークという子もいれば、終わりかけ ている子もいらっしゃいます。いずれにしてもまだ十代であり 顎骨は柔らかいため、歯を動かすのに苦労しません。歯を早く スムーズに動かすことが出来、コントロールしやすいのが特徴 です。その結果治療期間が短くて済みます。

2、歯や歯周組織に問題が少ない

年齢と共に歯はダメージを受けやすくなり、状態は悪くなって いきます。例えば虫歯になってしまったら歯を削って詰め物し なければなりません。もっとひどければ神経を抜くことになり 差し歯など被せ物を入れなければなりません。最悪抜歯になる こともあります。あるいは歯ぎしりなどですり減っていくことも ありますし、知覚過敏も発症しやすくなります。 加齢とともに歯周病になりやすくなります。歯を支えている骨 が痩せて歯茎が下がったり、歯の根っこの状態も悪化していき ます。 十代という年齢では歯も歯周組織も健康ですので、歯を動かす ことに問題が少なく、複雑な治療になりにくいため、シンプルな 治療方針で期間も短くて済みます。

3、社会人とは違い、時間の融通が利く

学生の方々は社会人の方々と比べて自由になる時間が多く 時間の融通が利くのが大きなメリットです。お仕事をしていま すとどうしても時間に制約が出てしまい、通院できる日程が 限られてしまいますが、学生さんですと部活や習い事があっ たとしても時間の融通が利く場合が多いため、通院しやすく、 治療がスムーズに進みやすいのです。

早い時期に治療を開始することはメリットばかり!

このように中学生や高校生の時期はお口の中も含めて矯正治療 を受けやすい環境が整っており、メリットがとても多いと言えます。 その結果仕上がりの精度も上がり、期間も短くて済みますので、 治療を受ける患者様にとっても我々にとっても負担が少なく短 期間で終えることが出来ます。 早めに治療を終わらせてしまえば、その後の長い人生をキレイな 歯並びで過ごせることになりますよね!