小児矯正

小児矯正とは

矯正治療は大きく分けて①小児矯正(準備治療)②成人矯正(本格治療)の2種類があり、まだ全て永久歯に生え換わっていない状態での治療を小児矯正といいます。
小児矯正の大きなメリットは成長段階の柔らかい骨格とその成長を利用することで、骨格自体を変化させることが出来るということです。
成人ではすでに成長が止まっていて骨も固まっているので、骨格を変えることはほぼ不可能です。でも子供の時から治療していれば将来的に歯を抜かない矯正治療が可能になったり、出っ歯や受け口を早期に改善することも可能になります。

矯正治療は成人だけがするものではありません。実は子供の時期から始めていたほうがメリットは大きい場合もあるのです。お子様の早期受診をお勧めいたします。

いつから治療を始めるべきか?

子供のイメージ

皆さんが悩む大きなポイントの一つではないでしょうか?
先生によって治療法や考え方が違う部分もあるので、一概にこの時期が良いということはありませんが、基本的には小学生の間(乳歯の残っている間)に始めていただければ小児矯正を行うことは可能です。
ただし先のことを考慮しますと早めの時期に始めたほうが治療の可能性が広がります。逆に高学年になればなるほど対応できる治療の範囲が狭まりますので、前歯が生え換わる時期、つまり小学校低学年までの早い時期に始めることをお勧めいたします。
お子さんの歯並びで気になることがありましたらなるべく早くご相談にいらして下さい。

小児矯正は成人矯正へ移る前の準備治療です

小児矯正の装置

小児矯正は前述したようにこの時期にしか出来ないメリットが多く、とても大切な治療です。小児矯正の目標は歯が生え換わる前の骨格のバランスを整える治療がメインとなります。
つまり小児矯正は成人矯正へ移行するための準備治療であり、矯正治療の第1段階として小児矯正で骨格を中心とした問題点を改善し、第2段階として歯が生え換わった後に、成人矯正で細かい部分も含めた仕上げの治療を行います。
小児矯正は基本的に成人矯正を前提とした治療とお考えください。

小児矯正を成功させるために

小児矯正を成功させるために

実際治療が始まると問題なく順調に進む方もいらっしゃれば、いろ いろトラブルが発生してしまう方も中にはいらっしゃいます。
矯正治療以前にまずどのようにお子様やお口の中と関わるべきか、 また治療中のトラブル回避のために知っておいてほしいことなど、クリ ニック側から保護者の方々への豆知識やご提案等がいくつかあります。 これらを把握していただくだけで、負担がかからず治療もスムーズに運 び、成功へとつながります。治療前にぜひ読んでください。

1、治療前に知っておきたいこと

2、治療中に気をつけてほしいこと

3、小児矯正 Q&A

歯並びが悪くなる条件の揃っている現代

食事をする子供

現代は食生活の変化によって、以前よりもやわらかいものを好んで食べています。
あまり「噛む」ことをしないまま育ってしまうと、あごの骨格自体が成長せずそのまま永久歯への生えかわりが始まってしまいます。
十分に発達していない状態で生えかわりが起こると、狭いスペースに乳歯よりも大きい永久歯が生えることになり、歯並びが悪くなってしまうのです。

また母乳ではなく哺乳瓶を使うことの弊害も出てきているようです。
母乳に比べて哺乳瓶では楽に飲み込めるため、乳幼児期に正しい舌や唇の筋力や使い方と嚥下機能を獲得出来ずに成長してしまい、歯を支える内側と外側の筋力バランスが崩壊し歯並びが崩れる原因となるとも言われています。

歯並び・噛み合わせが悪いことによる弊害

歯並び・噛み合わせが悪いことによる弊害

小児の歯並び、噛み合わせが悪いことによる弊害として

  • 見た目のコンプレックスの原因となる
  • 歯磨きなどの口内ケアがしづらく、早期の段階から虫歯などのリスクが高まる
  • 発音がしづらくなる
  • 口呼吸が改善されず免疫力の低下やアレルギーの発現の原因となる
  • 大事な成長期に正しい歯並びや、正しい機能(舌や口唇の使い方や嚥下、鼻呼吸など)備わらずに成人してしまうと口の中だけでなく全身的にも悪影響を及ぼすことがある。また矯正治療の難易度が上がり、治療の選択肢が限られてしまう。

などがあります。

近年はご両親が共働きの家庭が増え、むしろそれが当たり前になっている時代です。そして以前と比べ自然が少なくなりお子さんの外での遊び場所も減少し、テレビゲームの影響で体を動かす機会が減りました。その結果生活リズムや食生活の乱れ、家族とのスキンシップやコミュニケーション不足などにより、大事な成長期での愛着形成、運動機能、感覚機能などが備わらずに成長してしまいます。
その結果、最近の子供たちの身体の異変として

  • アレルギー
  • 視力低下
  • 喘息
  • 歯並び
  • 姿勢が悪い
  • 反射神経の低下
  • 骨折
  • 腹痛、頭痛

などが挙げられます。

昔よりも歯並びが悪くなりやすい現代だからこそ、小児矯正の重要性と需要も高まっているといえるでしょう。ただしそれぞれのご家庭の事情もあり、お子さん達の環境もそう簡単には変えられないことも事実です。 そのためには親御さんのご協力が大切です。
お子様が、自発的に「歯並びを治したい」と言い出すことはほとんどありません。
そもそも自分自身の歯並びや、噛み合わせがおかしいということを意識することも困難なのです。

小児矯正治療への一歩を踏み出すには、親御さんのご協力が不可欠です。
悪くなってしまった歯並びは自然には元に戻りません。お子様の健康や、明るい笑顔のために是非、意識的に取り組んでいただきたいと思います。

些細なことでも構いませんのでお気軽にご相談下さい。

小児矯正で使用する装置

小児矯正で使用する装置

様々なバリエーションの中からお子様に適した装置を選択し、使用していただきます。
固定式装置や取り外し式の装置、最近ではマウスピース型の装置も開発され、よく使 われています。
使用する装置は一つとは限りません。状況によって順番にいくつかの装置を組み合 わせて使うこともあります。

当院で小児矯正に使用する主な装置をご紹介いたします。

詳細はこちら

小児矯正Q&A

以下の質問をクリックすることで、詳細をご覧になることができます。