どんな不正咬合(悪い歯並び)があるのか?

単純に不正咬合と言ってもいろんな種類の歯並びがあります。
参考までにご覧になって下さい。あなたの歯並びはどれに当てはまりますか?

不正咬合の種類

◇ 叢生 ◇ 上顎前突
「八重歯」や「デコボコ」などと言われる歯並びです。顎の大きさや歯の大きさのアンバランスが原因です。 上の前歯が出ていて「出っ歯」と呼ばれる歯並びです。上下の骨格のバランスが悪いのが原因です。
◇ 反対咬合 ◇ 開咬
上顎よりも下顎が前に出ていて「受け口」と呼ばれる歯並びです。上下の骨格のバランスの悪さが原因です。 前歯が咬み合っていない(重なっていない)歯並びです。主な原因として舌が出る癖や指しゃぶりなどが考えられます。
◇ 上下顎前突 ◇ 過蓋咬合
上下ともに出っ歯の歯並びです。結果的に口元が出てしまいます。抜歯治療になることが多いですが、劇的に口元が変わるため、患者さんからは喜ばれます。 前歯のかみ合わせ(重なり)が深く、下の前歯が見えないくらいの人もいます。骨格がしっかりした咬む力の強い方によく見られます。
◇ 空隙 ◇ 埋伏歯
「すきっ歯」と言われる歯並びです。歯の大きさが小さかったり、「開咬」同様、舌の癖のある人に良く見られます。 何らかの原因で歯が出てこれず、歯茎の中で止まってしまった状態の事を意味します。引っ張り出してきたり、抜歯したり、様子を見たり状況次第でいろんな対応をします。
◇ 正常咬合

理想的な歯並びの事を言います。 凸凹無く並び、上下の歯がキレイに 咬み合い、口元も自然で審美的に 美しく、全てが調和された状態です。

なぜ歯並びが悪くなるのか?

歯並びが悪くなる理由は沢山ありますが、その中の代表的な ポイントについてご説明します。

◇ 上顎と下顎のバランス

歯は顎の骨の中に植わっています。そのため土台である顎の バランスが悪ければ歯並びにも影響を与えます。上下の顎の 大きさが適正なバランスであれば問題ありませんが、そのバ ランスが崩れると歯並びも崩れます。
例えば上顎が大きければ「出っ歯」になりますし、下顎が大き ければ「受け口」になります。

また前後のバランスだけでなく左右のバランスも大切なポイントです。 上下の顎が左右にバランスが崩れると咬み合わせが崩れ、顔も歪んでしまいます。

◇ 顎の大きさと歯の大きさのバランス

もう一つの歯並びが悪くなる大きなポイントは、歯と顎の大きさのバランスです。そのバランスが崩れると歯の生えてくるスペースが足りなくなり、八重歯や凸凹と言われるような歯並びになります。
歯のサイズが大きいと基本的に並びきりません。そのぶん顎も大 きければ問題ありませんが、近年の日本人は顎が小さくなる傾向 にありますので、その可能性は少ないでしょう。
顎が小さくても歯のサイズが小さければ並びきることもあります。 最も崩れやすいのは「歯のサイズが大きく、顎が小さい」場合です。 八重歯や凸凹が顕著に現れやすいため注意が必要で、矯正治療 で抜歯になる可能性が高くなります。

このように不正咬合には多くの種類があり、原因も様々です。さら にそれらがいろいろ組み合わさることによって、より複雑で数多く のパターンの歯並びが存在することになります。
難易度の低いものから高いものまでピンキリですが、抜歯、非抜歯 含めそれぞれに合った治療法を見つけて、最終的に正常咬合を目 標に仕上げていくのが我々の仕事です。